トップページ

    このサイトではFJクルーザーの買取相場が分かるおすすめの車買取業者を紹介しています。
    「FJクルーザーの買取相場を調べて高く買い取ってくれる業者に売りたい!」ということを考えているなら以下で紹介しているおすすめの車買取業者をチェックしてみてください。

    FJクルーザーを高く買い取ってもらうために必要なことは「複数の車買取業者に査定をしてもらう」ということです。1社のみとか近くのディーラーで下取りということを考えている場合は間違いなく損をするので注意してください。

    車買取の一括査定なら入力も数分で終わるくらい簡単です。複数の車買取業者からの査定額を比べることができるので、FJクルーザー(FJ Cruiser)の買取相場が分かりますよ。
    カーセンサー

     カーセンサーは、知名度抜群のリクルートが運営する中古車の相場が比較できる無料の一括査定サービス。中古車のことならカーセンサーと言うくらい知られているので利用するのも安心です。
    提携業者も約1000社以上なので圧倒的な加盟数!最大50社までFJクルーザーの買取査定をしてもらえます。

    中古車買取の一括査定サービスは依頼すると多くの買取業者から営業電話がかかってくることもありますが、カーセンサーの場合はメール希望と連絡すれば電話連絡が来ないのが特徴です。
    当然ですが、全国対応で利用は無料。

    「売却しようと思っているFJクルーザーの買取相場をチェックしたいけど、電話攻撃はちょっと…」と感じているならメール連絡で査定額を提示してくれるカーセンサーがおすすめできます。






    ユーカーパック

     ユーカーパックは、申し込んですぐにFJクルーザーの中古車の買取相場分かりますし、個人情報が他社に渡らないので、電話がかかってくるのはユーカーパックだけという今までにない新しいサービス。

    約2000社の車買取業者がオークション方式で買取価格を入札していくので、数年落ちのFJクルーザーでも高く買い取ってくれる車買取業者が見つかります。

    今までの車買取一括サイトなら、利用してすぐに多くの会社から電話連絡が入るのが共通の流れだったのですが、ユーカーパックを使った場合は電話がかかってくるのは1本だけなので、電話対応で忙しくなることもないですし、しつこい営業を受けることもありません。
    FJクルーザーの車査定もガソリンスタンドか自宅で1度だけ。

    査定も電話連絡も1度のみで約2000社の車買取業者が入札して買取価格を提示するという今話題の新サービスです。






    かんたん車査定ガイド

     かんたん車査定ガイドは、年間利用者数が一番多い車一括査定サービス。たった45秒あれば入力が完了しますし、入力が終わったらすぐに中古車の相場が分かるので、「自分が今乗っているFJクルーザーの買取相場って分かるの?」という場合はおすすめです。

    申し込みをした後はいくつかの買取業者から電話が入りますが、日本自動車流通研究所の審査を通った優良企業のみと提携しているので、強引な営業電話を受ける心配はありません。
    車買取業者から電話連絡があった際には1社のみで売却を決めずに、いくつかの買取業者に査定の依頼をすることで数年間愛用しているFJクルーザーでも高価買取の可能性が高くなります。

    約10社の業者が中古車査定をしてくれるため、最高額を提示してくれた車買取業者にあなたのFJクルーザーを売りましょう。






    ズバット車買取比較

     ズバット車買取比較は、45秒だけ使って必要項目を入力するとネット上で中古車の買取相場が分かる数少ない車一括査定サービス。
    提携業者も約220社と多く、最大10社があなたのFJクルーザーの査定額を提示します。

    少しでも多くの買取業者に査定の見積もりを依頼することで実際の査定額の差を比較することが可能になるので、複数の買取業者に依頼をして長年大切にしてきたFJクルーザーを少しでも高く売りましょう。

    累計の利用者数は100万人以上なので実績も申し分ないですし、サポート体制も充実していますので査定依頼の相談も可能です。






    楽天オート

     楽天オートは、その名前を見ればわかる通り楽天グループが運営している車買取の一括査定サイト。
    FJクルーザーの査定依頼だけでも楽天5ポイント、ご成約でさらに1500ポイントがプレゼントされるので楽天ユーザーには嬉しいサービスになっています。

    数年間愛用してきたFJクルーザーを高く買い取ってもらって、そのうえ楽天ポイントプレゼント!というのは嬉しいですよね。
    提携している買取業者は約100社と他の買取業者と比較すると少ないですが、最大10社がFJクルーザーの査定依頼を受けてくれます。

    楽天オートのサイトではディーラーでの下取りと一括査定の価格差の事例が分かりやすく表示されているので、一度チェックしてみてください。







    ほとんどの中古車販売業者は良心的ですが、ごく一部に見られることですが、悪質な中古車買取業者も存在するのです。

    その手口の一例を挙げると、見積もり査定を依頼する際に、査定した後に直ぐ車を持ちだしてもOKならば価格を上げましょうなどとうまいことを言われて、車をなるべく早く引き取りできるように強く希望されて、車を引き取ったが最後、お金は払わずに、連絡先もなくなっているという詐欺の手法が存在します。

    一般的に行う契約手続きを踏もうとしないでなぜだか妙に早く車を引き取りたがるスタッフに出会ったら厳重に注意してください。

    買取業者に見積もりを出してもらうときに入り用になる書類は、自賠責保険証明書、および車検証の2種類のみなので、きっとすぐに取り出せるところにあるでしょうし、とくに前もって準備するほどのことはありませんね。

    でも、実際に売却をする際には名義変更の手続きを踏む必要性が生じますから、印鑑証明書や自動車税納税証明書などの何種類かの書類が入り用になってきます。

    最近、結婚したり転居したりして車検証や印鑑証明書などの姓や住所が表記と異なる際には住所や姓の訂正に関して追加の書類を提出するように言われますから、このような人は早め早めに確認して書類を用意しておくと後で楽ですね。

    買取希望の車のボディーにへこみなどがあるケースでは査定金額が低くなるのが一般的です。

    しかし、マイナス査定を避けようと前もって個人でキズなどを修復することは止めた方が良いでしょう。

    事前に自分で修理しても、自分で修理するのにかかった費用以上に見積金額が高くなるケースはまれだからです。

    車を自分で直そうと考えるより、買い取った後に買取業者が提携の修理業者に依頼した方が修理費用を低くできてしまうから、買取金額をアップしてくれる可能性は低いのです。

    査定では改造車はどのような扱いになるのかと聞かれますが、現物や店舗次第という感じです。

    仮に改造に使ったパーツが売れ筋商品であれば査定はプラスになるでしょう。

    ただ、後付けパーツですから本体とは劣化の仕方も違い、状態が悪ければ外す必要があるので、マイナス評価が入ることもあります。

    また、持ち主を選ぶような風変わりなデザインのものも、業者としてはマイナスをつけざるを得ません。

    減点対象は少ないほど良いので、改造車は極力ノーマルの状態にして査定を受け、改造パーツは単品で売却するのがおすすめです。

    車体のキズやへこみ、塗装の擦れなどは買取のための査定を行う時点で確認される部分です。

    あからさまに分かるキズはマイナス点となり見積額に響いてきますが、洗車時に間近にじっくり見ないとわからないレベルの傷はあまり査定には影響しないようです。

    また、事前に修理したほうが良いのではと思う方も多いようですが、買取額でその修理費の元がとれることはないと言えます。

    数年に一度しか使わない個人と大口顧客である中古車屋相手では修理価格は大幅に違いますから、わざわざ高い支払いをするよりは傷ありで売る方がお得です。

    期末であり年度末決算も抱えた3月と、ボーナスの影響が出やすい9月というのは比較的高額商品の売れ行きが良く、自動車もよく売れます。

    店側は期間中になるべく多く売るには、仕入れも多くなければいけないと考えています。

    したがって中古車の買取額も高値基調となるのが普通です。

    今すぐ車を売却しなければいけないというのでなければ、狙い目なのがこのシーズンでしょう。

    一方で4月は、ボーナスとは別に取引量の多い3月の直後にあたるため、査定は低く抑えがちになるので高額査定を期待するのは難しいです。

    車を売ろうとする場合には、買取業者に売ることと、ディーラーに引き取ってもらうこと、また自分でオークションに出品する方法もあるのです。

    個人でオークションに出品する場合には、売却予定車の写真や状態を説明する文章などをできるだけハッキリと分かりやすく掲載することが後々トラブルが起こらないようにするためには重要なことです。

    更に、売買契約を交わしてしまう前に一度じっくり車を観察してもらうことも必要になるでしょう。

    また、それ以外で大切だと思ったことに関しては、書面にしたためてサインや印鑑を押してもらって、二人が持っているようにすれば良いでしょう。

    いわゆる事故車だとか多走行車を優に越える走行距離10万キロ超の過走行車などは、中古車屋からも引き取れないと言われてしまうことが多いです。

    あとは個人でできることといえば、廃車(永久抹消登録)にして「鉄代」を解体業者から受け取る方法もありますし、過走行車や事故車専門店に相談するというのもありでしょう。

    そこでは車は部品の集合として扱われ、パーツごとに個別に査定を行うので必ず値段がつきます。

    税の還付なら廃車、手軽さと金額のバランスなら業者でしょうが、納得のいく方を選ぶことが大事です。

    自動車ローンの支払いがまだ残っている状況でも買取業者に売却することは可能です。

    それは車検証の所有者として書かれている名前が売主本人であるときだけですから、実際には難しいかもしれません。

    所有者のところにローン(信販)会社の名前が記載されている状態だと、残債を返済しきるまでの間は車の所有権は本人にはありません。

    ですから、売却するとしたらローン完済後ということになるのです。

    もっとも、ローン会社の許諾が貰えるようでしたら、売った代金で残債を消し込むのを条件に売却することもできます。